風俗ポイント&ルール/初めての「セクキャバ」

風俗を更に楽しく遊ぶためのポイント&ルール。ここは「初めての「セクキャバ」」のページです。

フーゾク24時間マップ sitemap

風俗ポイント&ルール『初めての「セクキャバ」』

風俗に行くのはちょっと・・・。飲むだけのキャバクラじゃ物足りない!付き合いで連れていかれる事になった・・・。セクキャバに興味を持った方、興味はないけど連れて行かれる方、セクキャバって何?という疑問に簡単にわかりやすく説明します!

【セクキャバとは?】

セクキャバとは「セクシーキャバクラ」の略です。「おっパブ」と呼ばれることもあります。
キャバクラのようにBOX席だったり、仕切りがある飲食店であり、個室ではありません。女の子が接待してお酒が飲める所におっぱいも触れるというオプションがついたお店の事です。

基本的にはキス・おっぱい触り・乳首舐めなどが出来ます。女性の下半身を触る事・男性の下半身を触らせる事は絶対にNGですので気を付けて下さい。

店内が暗く常にお触り出来るお店と、「サービスタイム」や「ダウンタイム」と呼ばれる、店内が暗くなり大音量のBGMが流れてから、女の子がトップレスになったり触り放題になるお店など、店によってシステムやOK項目・NG項目がかなり違ってくるので、必ずしっかりと入店前に確認しましょう。

最近では「イチャキャバ」と呼ばれる軽いサービスのセクキャバもあります。この場合、服の上から触る程度だったりします。

逆にハードなお店も存在します。脱ぐのは風営法の関係で出来ませんが、下半身もお触りOKのお店もあります。

どの場合も「抜きサービス」はありません。もし嬢の方から下半身を触ってきてラッキー☆みたいな事が起こったとしても、脱いだり直接触らせたりは禁止されているので絶対にやめましょう。

ムラムラして勃ってるのにサヨナラなんて・・・という人は、最初から抜き有り風俗に行きましょう。お客がそういう状態なのがわかっていますので、女の子の身を守るためにも同伴やアフターが禁止されているお店も少なくありません。

【セクキャバと間違えやすいお店】

ランパブという言葉を聞いたことがあると思います。ランジェリーパブの略で女の子が下着や水着で接客してくれるお店の事です。そんな露出しまくりなんて、触っていいもの、と勘違いしている人も少なくないのです。

ランパブはあくまでも「露出の多い服で接客する普通のキャバクラ」であって、お触りは完全にNGです。混同しないようにしましょう。

あとは北海道のすすきの限定になりますが、セクキャバのことを「キャバクラ」と呼びます。普通のキャバクラの事は「ニュークラブ」と呼びます。すすきのでキャバクラに行くと、セクキャバになるのでご注意を。

【セクキャバへの来店〜流れ】

キャバクラと似ています。まず、お店に行くと黒服(お店のスタッフ)が来ます。そのお店が初めての場合はその旨を伝えましょう。システムや基本サービスを説明してくれます。
先ほども書いたように、店によってルールがかなり違います。楽しい時間を過ごすためにも、黒服の説明はしっかり聞きましょう。
たいていの事は説明してくれると思いますが、中には気の利かない黒服もいるかもしれません。最後まで聞いた後、分からないことは質問してください。

抑えておきたいポイントは「料金(指名料や女の子の飲み物代も)」「サービス内容(どこまでOKか)」「女の子が脱ぐか」「サービスタイムはあるのか(ある場合はいつか)」「時間が来たら教えてもらえるのか(自動延長のお店もあります)」です。指名をしたい場合はここでします。フリーで入ると時間内に2〜3人の女の子が入れ替わります。

前払いのお店の場合は料金を支払って、席に案内されます。 女の子が来たら、挨拶をして一緒にお酒を飲んだり、軽く会話をしてサービス開始です。

常にお触りOKのお店だと、女の子の方から「上に乗って良いですか?」と聞かれ、座位の体勢でおっぱい触り放題になります。サービスタイムしか触れないお店もあるので要注意です。でも、その場合はサービスタイムになると、女の子の方から積極的に来てくれるので、それが良いという人も。挨拶もなくがっつくのは嫌われますが、目の前にあるおっぱいを思う存分堪能しましょう。

フリーで入って、気に入った女の子がいて、もう少しいて欲しい時は場内指名をします。女の子に伝えればOKです。喜んでくれます。

時間が来たら、延長するか聞かれます。帰りたい場合は「今日はこの辺で」とはっきり言って大丈夫です。柔らかく言いたい場合は「また来ます」と付け加えるといいでしょう。

いきり立ったモノを、帰って処理するか、風俗に行くか、普通に飲み直すか。貴方の自由です。

【セクキャバの料金や早朝・深夜の時間帯】

通常のキャバクラだと、高級店か激安店かで金額の差はありますが、セクキャバは物凄い激安店もない代わりにビックリするような高級店もありません。

40分1セットの所が多く、6,000〜10,000円が相場です。延長したい場合、延長料金を支払うのか、同じ1セット分を支払うのかは店によるので入店前に確認してください。

基本的には夜の営業ですが、東京や関西では昼間のセクキャバも出てきました。法律上キャバクラと同じなので、深夜1時以降の営業はできません。早い時間は安かったり、時間帯によって料金が違う事も多いので、HPで確認するか、黒服に確認しましょう。