風俗ポイント&ルール/風俗の60分コースでの実際のプレイ時間はどれくらい?

風俗を更に楽しく遊ぶためのポイント&ルール。ここは「風俗の60分コースでの実際のプレイ時間はどれくらい?」のページです。

フーゾク24時間マップ sitemap

風俗ポイント&ルール『風俗の60分コースでの実際のプレイ時間はどれくらい?』

風俗利用に慣れている人はわかっていると思いますが、改めてご説明させて頂きます。
風俗では○○分△△円というふうに設定されている事が多いです。 この「○○分」という時間、実際にはどういった時間配分になるのか、よくある60分を例に考えてみましょう。

基本的には全ての風俗で「女の子と対面してからサヨナラするまで」が60分という時間に含まれます。

デリヘル、ヘルス

これらの風俗でタイマーが動き始めるのは代金を支払って女の子と対面、デリヘルならお店に電話を入れてからがスタートです。
最後はもう一度シャワーを浴びて、身支度をしてサヨナラ。ここまでで60分です。

軽く挨拶を交わしてシャワーを浴びて出てくる。ここまでで10〜15分はかかります。テキパキと色気なく進めてこれくらいです。いちゃいちゃしていたらもっとかかります。

プレイをした後、もう一度シャワーを浴びて帰り支度をします。これも10〜15分はかかります。

と、いうことは実際のプレイ時間は30〜40分程度。バタバタやってこれくらいです。

これで会話も、受けも、攻めも・・・というのは無理があります。
軽く挨拶といちゃいちゃ、ヌいて貰って終了。出来るのはこれくらいでしょう。

いちゃいちゃ恋人プレイ、嬢もしっかり攻めたい人は90分以上がおススメです。

ソープ

ソープは他の風俗にはないマットプレイも特徴の1つです。お風呂場でするプレイが多いので、実はマットプレイを希望は80分以上から〜などお店で決められている場合もあります。

嬢に会ってお風呂へいき、マットなどお風呂プレイ、ベットの上でのプレイ、終わってシャワーを浴びて身支度・・・では60分ではとうてい足りません。
その為ソープは長いコース時間から設定されているところもあります。 デリヘル、ヘルス同様にプレイ前後の時間だけで30分前後かかることを考慮しなければなりません。

60分であれば基本的には挿入して終わり、くらいで考えましょう。

女性をしっかり攻めたり、マットもベットも楽しみたい人は最低でも90分以上、出来れば120分以上で入らないと全部は難しいでしょう。

風俗エステ

メンズエステは初めての利用だと最初に問診があります。どこを重点的にマッサージしてほしいとか、コースの選択などです。ここは時間にカウントはされません。

コースを決めてお金を支払ってからが時間開始です。
シャワーは洗体コースなどの一緒に入るプレイが含まれていなければ、女の子と対面前に1人でシャワーを浴びておく必要があります。この時間はコースにはふくまれません。

しかし、女の子と対面してから洗い不足などでもう一度浴びるように言われた場合は時間に含まれてしまいます。 ロスを防ぐ為にもしっかり洗っておきましょう。

終わってシャワーを浴びて身支度までがコース時間です。
女の子の準備(脱衣やアロマオイルなど)と自分の身支度で15〜20分程度かかると計算して、実際には40分程度がプレイ時間になります。

洗体コースはもちろん洗体時間も含まれるのでマッサージやヌキに使う時間はもっと短くなります。
性感や回春、SMなどジャンルも幅広いのでお店によって違いはありますが、前後の時間を除いたプレイ時間の配分は相談できます。
「今日は疲れてるからマッサージを長めにしてほしい」「背中よりも足を重点的にしてほしい」などです。

基本的にはエステはヌキは1回なので、2回戦以上したい強者は120分以上のコースをお勧めします。マッサージされている20分はあっという間に過ぎてしまいますよ。

オナクラ、ピンサロ

この2つはもっと短い時間のコースがあります。女の子と出会ってから時間のカウントが始まります。 それだと60分なら60分全部プレイに使えそうですが、女の子とサヨナラするまでの時間が60分です。

1発ヌいて、拭いて、下着や服を整える。ここまで含めて60分ですので5〜10分は確実に時間のロスがあることを頭に入れておきましょう。
ピンサロで花びら回転をする場合、女の子と女の子の間もタイマーは動いています。