風俗ポイント&ルール/風俗の種類と違いを知ろう

風俗を更に楽しく遊ぶためのポイント&ルール。ここは「風俗の種類と違いを知ろう」のページです。

フーゾク24時間マップ sitemap

風俗ポイント&ルール『風俗の種類と違いを知ろう』

一言で風俗といっても、遊び方や流れはそれぞれ異なります。風俗で遊んだことがある人もない人も、もっと風俗のこと知れば「こっちの業種も面白そうだな」「こっちの方がコスパが良いかも?」と新しい発見ができるかもしれません。自分が本当に楽しめる風俗店が見つかるチャンスです。

店舗型風俗と派遣型風俗の違い

風俗の違いを説明する上で欠かせないのが、風俗は「店舗型風俗」と「派遣型風俗」の2種類があるということ。店舗型風俗も派遣型風俗も文字通り、店舗を構えて営業しているか派遣(デリバリー)型の営業をしているかの違いです。

風俗をグループ分けしてみると、まず店舗型はファッションヘルス、ソープランド、ピンサロ、性感マッサージで、派遣型はデリヘル、ホテヘル、性感マッサージというラインナップになっています。

ここで気付いた人もいるかもしれませんが、性感マッサージがどちらのグループにも入っていますね。ほとんどの風俗は店舗型か派遣型どちらか一つだけなのですが、性感マッサージは店舗もあれば派遣型もあります。どちらでも遊べる唯一の業種です。

デリヘルとホテヘルの違い

風俗の違いでよく間違われたり混乱したりするのが、デリヘルとホテヘルの違い。どちらも女の子を呼んでホテルで遊べることから、一体何が違うのか?が分かりづらくなっています。

ではデリヘルとホテヘルでできる・できないを比べてみると、デリヘルは自宅でも遊ぶことができますがホテヘルはホテルでしか遊べません。そしてデリヘルは電話で直接呼ぶことができますが、ホテヘルは一旦歓楽街にある受付に足を運んで予約しなければなりません。

その代わり、ホテヘルは女の子と一緒にホテルまで歩き一緒にホテルに入れることから、ちょっとしたデート気分を味わうことができます。ちなみにプレイ内容はほぼ同じなので、呼び方の違いのみです。

デリヘルとファッションヘルスの違い

デリヘルはデリバリーヘルスの略で、ファッションヘルスと並べるとどちらにも「ヘルス」という言葉が付いているように、どちらもフェラや素股などのヘルスサービスをしてくれる店です。となると違うのはデリバリーとファッションの部分。

デリバリーは派遣という意味なのでデリヘル=派遣型ヘルス、ファッションヘルスは別名箱ヘルという名前が付いていることから、箱=店舗で店舗型ヘルスという意味になります。つまり、プレイ内容は同じだけど遊べる場所に違いがあるということです。

デリヘルと性感マッサージの違い

デリヘルと性感マッサージの一番の違いは「プレイ内容」です。性感マッサージの店は店舗型もありますがほとんどが派遣型で、デリヘルも派遣型なのでどちらも自宅やホテルで遊ぶことができます。

デリヘルはフェラや素股、キス、口内発射といったヘルスサービスが受けられますが、性感マッサージはその名の通り、ボディマッサージをした後手コキでイカせてもらうというサービスです。

デリヘルの方がサービスは濃厚ですが料金は高めで、性感マッサージのほうがサービスは控えめですが料金はリーズナブルです。責め合いがしたい人はデリヘルを、受け身で楽しみたい人は性感マッサージがおすすめです。

ファッションヘルスとピンサロの違い

ファッションヘルスとピンサロは、遊ぶ場所の環境もできるプレイも全く違う風俗です。まずファッションヘルスは店舗の中の個室でヘルスサービスをしてもらえるのに対し、ピンサロは同じ店舗でもワンフロアが仕切られた半個室のような場所でサービスを受けます。

ファッションヘルスはベッドとシャワーがありますが、ピンサロはどちらもないので自由度の高さや衛生面で言えばファッションヘルスの勝ちですね。感覚的には、ファッションヘルスは本格的な風俗店、ピンサロはお酒やドリンクを飲みながら抜いてもらうお店という感じです

ファッションヘルスとソープランドの違い

ファッションヘルスとソープランドはどちらも店舗型風俗なので、入店の流れはほぼ同じです。この2つの最大の違いは、挿入できるかできないか。本番、と呼ばれることもありますが店側はあまりそういった言い方はしません。

ファッションヘルスでは風俗の基本のヘルスサービスが受けられますが、ソープランドはヘルスサービス+挿入プレイができる店です。挿入プレイはソープランドしかできない上に、風俗史上最高のプレイに値するのでソープランドの料金は高めに設定されています。