皆様が風俗で体験したエピソードです|風俗体験談01〜03

"風俗を遊ぶ上で参考にしてもらいたい体験談です。ここでは「風俗体験談01〜03」をご紹介します。

フーゾク24時間マップ sitemap

デリヘルでAFできるならソープ行かなくてもいいよね〜/体験談04

お名前:ファミスタラブ 時間帯:夕方〜深夜

やっぱりエッチなことするなら最後までいきたくなるのが男の性というもの。
デリヘルの疑似セックス(素股)なんかじゃ満足できない私はいつも風俗行くならソープという人間。
でも毎回ソープだと高くついてしまう。でも性欲は放出しても放出しても次の日にはしっかりとある。
そんな事を考えながら風俗情報サイトを見ていたら、アナルセックスが無料オプションだというデリヘルを発見。
料金もかなりリーズナブル!ソープ1回分の値段で2回半くらい遊べてしまう料金設定。
アナルセックスと聞くと普通に本番をするよりもハードルが高く感じてしまうんですが、それって私だけでしょうか?まぁそれはいいとして早速利用してみることにしました。
思っていたよりも女の子の質は悪くない。なんでアナルセックス無料なんかのお店で働いているのかは気になるところですが、聞いてできなくなるのも嫌なので受け身でひたすら嬢に攻められます。
流れは普通のデリヘルとなんら変わりありません。ただ素股がアナルセックスに変わっただけ。
正常位だと上手く挿入できなかったのでバックからズブリと挿入…うわコレやばいかも。
締まりがアソコの比じゃない。絶対にフニャチンじゃ入らないようなキツキツさ。
押し戻されそうな勢いと手で握られているようなケツ穴の中をズボズボと掘り進みます。
できれば生で体験してみたいもののケツ穴の中は色々と危険みたいなので断念しましたが、普通に気持ちいいです。これでもしかしたらソープ卒業?

デリヘルでIカップのロケット巨乳娘と/体験談05

お名前:おやじじ 時間帯:夕方〜深夜

先日利用したデリヘルで、俺はアタリを引いた。オッパイがIカップもある巨乳娘を指名したのだが、この娘がすごかったのだ。
Iカップの自慢のデカパイを駆使し、俺のチンコをたっぷりと挟んでくれた。やはり、Iカップという圧倒的な大きさのオッパイでパイズリをしてもらうと、気持ち良さがとてつもない。
パイズリをこれまでに何度かしてもらったことはあったが、Iカップ娘のパイズリはダントツで気持ち良かった。
しかも、唾を何度もパイズリをしている最中に垂らしながらするため、ベチョベチョになってエロいのだ。
唾がチンコに垂らされるとその感触がまた最高で、パイズリと合わさってたまらない。
Iカップのロケットオッパイは破壊力満点なだけでなく、揉み心地、形、パイズリ、どれを取っても最高だ。
俺はそこまで巨乳好きということではなかったが、Iカップ娘のロケットオッパイにより、デカパイが好きになった。パイズリってこんなに良かったのかと思えた。
この日一発目はパイズリで抜いてもらい、残った時間でIカップ巨乳を舐めまくったのだ。
舐めるのが楽しくなるほどのオッパイだったため、永久的にIカップオッパイを舐めていたいほど。
Iカップオッパイをいつも拝める彼氏が羨ましくて嫉妬してしまいそうである。
デリヘルでは巨乳専門店もあるし、今度俺は利用してみようと思う。巨乳娘からパイズリをされれば、我慢するのは到底無理だろう。
俺はIカップ以上のデカパイに遭遇したことはないため、Iカップ以上のデカパイの持ち主を見てみたくなった。

デリヘル嬢と飲み明かしてとんでもない金額に/体験談06

お名前:おっここ 時間帯:夕方〜深夜

ちょうど3連休をもらい久しぶりに、ゆっくりと自分の時間を満喫できる!と思い早速デリヘルを利用。
前日の仕事終わりのパチンコで5万円勝ったし、初日にスッキリして後はのんびりとスーパー銭湯にでも入り浸ろうと思っていたんですが、やらかしてしまいました。
そのデリヘル嬢は元々キャバクラで働いていたらしく、トークが面白くてプレイ後はひたすら一緒にお酒を飲んでいました。
一緒にコンビニに行き大量のつまみと缶ビールを買い込み2時間延長してひたすらトーク。
キャバクラと違うのがどこを触ってもOKということ。
フェラ抜きありのキャバクラみたいな感じで超楽しかったんです。でもそれがいけなかった。最初の2時間延長は良かったんですが、それからも時間になるごとに延長、延長。
お酒を飲んで気分が良くなり気が大きくなっていたということもあるんですが、安めのデリヘルだからといって侮っていました。
結局その日は飲み明かしてしまい、いつのまにか爆睡。私の財布から勝手にお金を抜いて延長するわけにもいかなかったという理由で、嬢もお店に延長とだけ伝えて一緒に爆睡。
目が覚めるとすぐにお金の請求が…しかも値段が思っていた料金の5倍以上。
大半が寝ている間の延長料金で、しょうがないこととはいえ泣く泣くATMへ。もうこうなったらヤケクソだ!ということでお金を余分に降ろし更に延長。
しっかりと料金分発射するつもりでそのままお昼くらいまで射精しまくってやりました。